トップ / インプラントの技術とは

トラブル

インプラントの構造と流れ

インプラントの構造は、チタン製の人工歯根と、連結部分、人工歯の3構造でできております。まず、人工歯根を顎の骨に埋め込むために外科手術を行い、骨と結合するまで待ったあと、骨と結合されるまで治癒期間を設け、その後、型を取り、型にしたがって、人工歯を技工士が作成して、それを連結部分に装着して完成となります。治療を完了した後も、インプラントのメンテナンスは必要なので、ブラッシングのほかに定期的な通院が必要となります。

インプラントのことを知ろう

インプラントは、何らかの形で歯を失ってしまった場合に人工の歯を埋め込むことを言います。顎の骨の部分に外科手術によって、人工歯根を埋め、それに人工の歯を取り付けるものがほとんどです。入れ歯やブリッジが他の歯に負担を掛けるのとは違い、インプラントはひとつの歯として形成されるために、ほかの健康な歯に負担を掛けないというのが特徴です。また、自分の歯と同じような感覚で物を噛むことが出来るので、自然な状態で居続けることが出来るのも特徴です。

↑PAGE TOP

© Copyright 適正なインプラント治療. All rights reserved.