トップ / インプラント治療の痛み

トラブル

インプラント治療後の痛みは

インプラントというと手術ですし、治療後に痛みがないのか気になります。埋め込みの手術の際には、通常の虫歯治療で使用するような局所麻酔をまずは使用します。しかし治療時間が長時間にわたると、麻酔が切れてしまう場合もあります。時間がかかる場合は、静脈内鎮静法の麻酔を行うことで、痛みもなく楽にインプラント手術を終えることができます。治療後は痛み止めを何度か服用していれば、徐々に痛みは治りますので心配はいりません。

インプラントの施術後の対策

インプラントを埋め込んでから、基本的には仮の歯を装着してから一定期間が経過した後に人工的な歯に差し替える流れが一般的です。仮の歯を入れている途中で、食事をしている時に噛み合わせに違和感を感じたり、会話をしにくい常態で日常生活に支障を感じた場合はインプラントを受けた医師に違和感などの現状を相談します。仮の歯で日常生活が送りにくい場合、新しい仮の歯と差し替える可能性もあります。生活の時に違和感を感じない事を前提として、少しでも生活に支障が出る場合には医師の指示に従います。

↑PAGE TOP

© Copyright 適正なインプラント治療. All rights reserved.